富山は本当に閉鎖的なのか?

個人的に縁がある富山のことがニュースになっていた。

 

富山生まれ「極力採りません」「閉鎖的な考え方が強いです」 本間不二越会長、会見で持論 (北日本新聞) - Yahoo!ニュース

 

公の場で企業のリーダーが発言する内容としては問題があるので、批判が相次いでいる。

 

 一方で富山県は”閉鎖的”と聞いて、まぁ実際のところ、もしかしたらそういうところもあるのかもしれない、なんて思っていたら、

 

「富山生まれの人は閉鎖的だから採用しない」発言に、地元民から「わかる」の声が挙がりカオス - Togetterまとめ

 

そう思っている富山県民も少なくない様子(笑)

 

 まぁ地方にいけば誰でもその地元に対しては”閉鎖的”と感じるようなところはあるし、他の県と簡単に比較にもできない。

逆に”開放的”なところってどんなところなんだろう?

 

 全国的に”閉鎖的”なんて言われたら、広報的にたまらんだろうけど、富山の場合、こんな風にニュースにとりあげられることもあまりないので、この際、逆に利用してしまえば?と思う。これニンジャ的発想。

 

 ここ最近は地方創生、クールジャパン、”おもてなし”など、金欲しさに(私も欲しい)ウェルカムウェルカムな感じだけど、適度な節度の”閉鎖的”な空気を売りにするのはどうだろうか。

ツンデレ感を出し、最初は少し冷たく突き放すが、一度関係を築ければ口も固く情に厚い、のよう感じもいいかもしれない。

 

 なんとなく”閉鎖的”というのも得体が知れず、謎めいていてニンジャ的にナイスなんじゃないのかと思えてきた。

 

ちなみに江戸時代、本当に閉鎖的だったことで有名な薩摩藩に富山の薬売りは入り込んで商売をしていた。

薩摩藩がどれだけで閉鎖的だったかといえば、他国のものが領内に入ったら二度と出てくることはないという意味の”薩摩飛脚”なんて言葉が生まれるくらいなのだ。

ほかに薩摩に入った聞いたことがあるのは間宮林蔵くらいだ(これは商売でなく潜入)。

 

 当時富山は陸では全国に薬を売り、海では北海道から薩摩まで昆布などを売り、津々浦々で商売をしていた。そのおかげで通信技術のない時代にほかにはない情報網も持っていた。

参考までだが、物腰の柔らかい富山弁(アウトレイジには決して出てこない)による噂話の伝達速度にも恐ろしいものがある。親には内緒にしている忍者デリバリーについても、富山の親戚一同には筒抜けだった。普段よけいなことなど話さない静かな人たちなのに。

 

富山の薬売りは、幕末には倒幕をめざす薩摩のために危険をかえりみず、忍びのような働きさえ行った。

商売ありきとはいえ、情に厚いところもあったのだ。

じつは富山は立山山岳信仰上杉謙信・軒猿との関わりなど、猛烈に忍者の匂いがする土地でもある。

甲賀伊賀のように表にでていないところが尚のこと怪しい。

忍者ハットリくんの作者藤子不二雄先生が富山出身(お二人とも)なのも、どこかでなにかのつながりがあるに違いないのだ。

 

閑話休題

 

 本当のところ、他県の人が閉鎖的に感じる要素は多いのかもしれない。

もしかしたら教育県といわれるくらいの真面目さが仇になっているかもしれない。

富山は夏は高温多湿、冬は曇天雪ばかり太陽はあまり拝めない土地だ。

県民性とひとくくりにはできないかもしれないが、気候風土によって生まれるその土地のムードもあるだろう。

若者が出て行き、他県の人が寄り付かず、もしとうの県民自身も生きづらいと思うのなら、ぜひ変わっていってもらいたいものだが、なにせ閉鎖的で保守的なんだから難しいだろうな。

 

ちょっと古い記事だけど、富山出身の官僚は多いらしい。なんと全国3位。

なぜ、富山は官僚・社長輩出率がともに高いのか? | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

今年観たテレビ番組でも3位だったから、やはり県民性の現れなのだろう。

真面目なのはおおいに結構だが、我が国の官僚の多くが閉鎖的な傾向にあるというのなら、ちょっと考えものだ。

 

閉鎖的かどうかは是非、富山には足を運んでみてほしい。

魚は間違いなく美味しいよ。

老人のデブゴンとウルバリン

 ひと昔まえの有名人の訃報が次々に伝えられる今日このごろ、中国出身の知人から”良かったよ!”と聞かされ、待ちに待った「おじいちゃんはデブゴン(特攻爺爺)」が公開された。
 
 
”デブゴン”でピンとくる人は、きっとそれなりに年を重ねた世代だろう。
(冷静に考えるとデブゴンって呼び名はひどいな)
 
デブゴン(サモハン)はジャッキーチェンの兄貴分にあたる人だから、とっくに還暦を超えている。
ほんとに”おじいちゃん”になっている。
 
今回のデブゴンは、お笑いの要素も少なく、アクションシーンの時間も少ない。
近所の少女との交流がメインのしみじみとする映画だ。
 
しかし認知症でボケてるのに、いざ戦うときは最強っていう設定は、最高!
 
年を取って動けない分、少ない動作で関節を決めるタイプのん技がたっぷりで、個人的にはここ最近観た映画のアクションシーンの中でも抜きん出てよかった。
 
※デブゴン自ら映画で使った技をベースにした護身術をyoutubeで公開している
 
これは私の好みなので、昔のデブゴンのように飛んだり跳ねたりが好きな人には物足りないかもしれない。
 
香港映画が好きな人には馴染みの顔がたくさん出ていたけど、もうみんな老人の役ばかり。みんないつ死んでもおかしくない。
きっと観客もそれなりの年齢なんだよなぁ。
 
 
同じタイミングで、もう一本老人が主人公の映画が公開されていた。
 
ずっとオッサンのまま死なない身体の”はず”のミュータント、ウルバリンが主人公の映画「LOGAN/ローガン」だ。
 
 
撃たれても刺されても傷が再生する身体が急に衰え始め、オッさんから爺さんになったウルバリン(ローガン)。
リムジンの運転で生活費を稼ぎ、認知症のプロフェッサーXの面倒をみている。
というあらすじを読んで、猛烈に観たくなった。
 
デブゴンとローガン、このふたつの映画には共通点が多い。
どちらも全盛期を過ぎた老人が身体を張ってひとりの少女を守るストーリーで、認知症も重要な要素のひとつだ。
そして、どちらも容赦ないアクションシーンがあるからR指定
高齢者社会へ突き進む今の時代の流れから生まれた映画なんだろう。
 
しかし別の映画で登場人物がキレキレだったころの記憶があるから、いろいろと切ない。
 
本当にあのスペクタクルなXmenシリーズのスピンオフなのか?という内容だ。
しかもメキシコからカナダへ逃避行をする”ロードムービー”(←私は好きなのだ)。
 
ひょんなことから田舎の家庭の晩御飯に呼ばれ、ほんのつかの間の団欒を楽しみ、床につくプロフェッサーXを見て泣きそうになった。自分自身も年を取ってしまったせいか、ここ最近涙腺が弱くなっている。
 
もともとXmenシリーズは単なるSFアクション映画ではなく、社会的に疏外されたマイノリティーの問題がテーマにあった。「ローガン」は人生や家族のことを振り返って考えるような映画だった。
 
アメコミ原作のウルバリンとプロフェッサーXというキャラクターをここまで映画の中で活かし切ったところは見事というしかない。
アクションシーンも含め、最初から終わりまで文句を言うところがなかった。
 
主演のヒュージャックマンもプロフェッサーXのパトリックスチュワートも今回でXmen映画への出演は最後だそうだ。
まさに有終の美を飾った作品だったと思う。
 
 
でもさ、誰がこんな姿を想像しただろう。
認知症のデブゴンが忘備録用のボイスレコーダーを持ち歩き(しかも操作をミスする)、プロフェッサーXのしもの世話でウルバリンが右往左往する。
石坂浩二浅丘ルリ子が同じ老人ホームで一緒に暮らす。
 
昔のように、あの頃のようにはいかない。
でも死なない限り、人生は続く。
ヒーローも例外じゃない。
映画の世界だけでなく、現実世界でも全く同じ。
 
100歳まで生きる時代をどう過ごすか?なんて本が売れてるようだけど、そりゃ売れるよな。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 
ここ最近感じていることが映画からフォードバックされて、さらに強く実感するようになった。
 
家族と自分自身の細胞の衰えも日々感じてる。
そして、これからは老いてから過ごす時間がもっともっと長くなるんだ。
 
もっとも豆腐の角に頭をぶつけて突然死んでしまうこともあるかもしれないが。
 
さて明日は老眼鏡買いに行こう。

転売をめぐる戦いはまだまだ続く。

少し前にこんなニュースをみた。 
 
チケット高額転売を防げ 定価売買の公式サイト本格運用 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170601/k10011002281000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_001
 
ニュースになったチケット売買サイト「チケトレ」は音楽業界団体等によって運用されていて、定価販売(プラス手数料が発生)としっかりとした本人確認が特徴。
 
手数料が高いという声もあったり実際利用されるのかはわからないけど、業界が動いたというのは面白かった。
 
そして今度はこんなニュースが。
 
転売目的でチケット不正購入か 防衛技官を逮捕 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170605/k10011007101000.html
 
分身の術が如く、同僚の名前などを使い”嵐”や関ジャニなどジャニーズのファンクラブで複数のアカウントを作り、チケットを購入・転売することで2000万円以上稼いでいた疑いで、ある男が逮捕されたというニュース。
 
ジャニーズもコンサート会場での顔認証や転売をしたファンクラブ会員にペナルティをあたえるなど努力をしていたが、ファンクラブ入会については本人確認はないので、チケット購入段階では”なりすまし”を防げなかったのだろう。
 
ん?ジャニーズは転売自体を禁じているから、チケトレには参加しないのかな。
 
ちなみに今回の転売屋の男は”電子計算機使用詐欺罪”という罪で捕まったそうだ。
ダフ屋行為は条例で禁止されている地域もあるが、法律では罰せられない。
 
チケトレでもジャニーズの話でも”本人確認”というところがポイント。
”本人確認”、”身元確認”は、転売とは全然別の話(電子決済やマイナンバーのことなど諸々)でも重要な要素だから、考えるといろいろと興味深い。
 
あ。。。ちょっと待てよ。
 
チケトレで”本人確認”の上で売買がされても、今はまだ他所で売れる状況だから、チケトレで仕入れてまた高額で転売できてしまう。。。
 
コンサート会場でファンや興行側が考える公正なチケットだと確認できないと、やっぱり本来の目的は実現できない。
売買の記録が残るブロックチェーンみたいな仕組みが必要かもしれない。
 
なんだか難しい話になるなぁ。
 
ピンハネ”、”ブローカー”、”ダフ行為”、”転売屋”なんて書くととてもイメージが悪いけど、安く仕入れて高く売るという点でその他の商売と変わらない。
 
冷静に考えてみると他の商売にだって、ひどくネガティブな感情が湧くことも少なくない。
おカネのことになると、どうしても多くの人が感情を激しく揺さぶられる。
 
元も子もないんだけど、難しい技術や仕組みを考えなくても、みんながちょっと思いやりの気持ちを持てれば、簡単に解決するんだろうな。
 
なんてノンキなことを言ってみる。
できれば近江商人がいうところの「三方よし」でいきたい、とわたしは思う。
 

転売をめぐる戦いは続く。時代は変わる。

前回ニンテンドースイッチの転売のことなどをブログで書いた。
 
ニンテンドーswitchが5000円で売れられていたのはこういうことだったようだ。
 
 
出品者はamazonからの入金後にドロンし、いつまで経っても支払った側にニンテンドースイッチは届かない。
 
 
一方、コンサートチケット販売について米国のロックバンド”グレイトフルデッド”とそのファンのナイスだった関係にも触れたが、2015年の寂しい記事を見つけてしまった。
 
 
 
このニュースは当時読んでいたがすっかり忘れていた。
コンサートのチケットを10万ドルで売った・買った人、いるんだなぁ。
 
 
そんな中、転売屋撲滅にオリラジの中田氏がトライしている模様。
 
 
きちんと転売に関するわかりやすい分析・考察がされていた面白い記事だ。
さりげなく、自身のコンサートのPRをしているところもニクい。
 
もともと賢い人なのかもしれないが、ここ最近の彼の一発屋で終わらないための努力は素晴らしいと思う。
 
一発屋になることだって大変なのだけど、そこにあぐらをかかず、次々と新しい試みをぶつけてくる。かなりニンジャ的だ。
 
そうでなければ生き残れない。
 
お笑いは厳しい世界だけど、結局我々のどの世界も基本は同じだ。
 
 
世界は甘くなく時代は変わっていく。
 
昨日の技はもう通用しない。
 
また一から出直しだ。

転売 せどり モノの価値

5000円で売っていたニンテンドースイッチ

のほうが前回の記事タイトルは、ある見方によっては良かったのだろうな、きっと。

 

 

本来ITの普及で流通がシンプルになるはずだった。
個人がネットでモノを簡単に売買できるようになって、転売の問題も大きくなったのは皮肉だ。
 
例えばAmazonで定価で売られてものを転売屋が買い、同じAmazonで利ざやを乗せて売っていたら、利ざやが転売屋の懐にいくだけで、消費者にはメリットがない。
 
一般消費者は本当に面白くないだろう。
Amazonのレビューに書きなぐりたくなる気持ちもわからなくもない。
 
ちなみにダフ屋行為についてはチケットをスマホで利用して買った本人しか使えないシステムを導入し効果をあげているようだ。
 
もっともIT普及前からファンクラブからでしか良い席が買えないようにする、という方法で解決しているケースもある。
 
これはファンにもアーティストにもメリットがある。
本当のファンには確実にチケットが届き、アーティストも直売だから利益率が違う。 
 
米国のロックバンド、グレイトフルデッドがこの方法でずっとチケット販売しているんだけど、ニンジャが入る隙もない信頼関係でファン同士とアーティストが結ばれていて、ちょっといい話だった※。
 
転売といえば”せどり”という言葉が一般的になっていて驚いた。
ついこのあいだも、とくにwebに詳しくもない習い事の先生から”せどり”って言葉がでたり、大型書店に本が並んでいるのをみた。
 
せどり”という言葉を調べてみると、”安くみつけた古本を高く売り利ざやを取る商売”という意味だそうだ。
前にブックオフのセールに、バーコードリーダー片手にテキパキと古本を掘っていた女性をみかけたが、今思えばまさに”せどり”の人だったんだなアレは。
 
カジュアルな服装でキャップを被って一見クールな感じな人だったけど、あの日はかなりの割引セールだったから、頭の中はアドレナリンぐわーって感じだったのかもしれない。 
 
そういえば中古レコード・CDを漁りにいくのは楽しかった。
ジャズの強い店でパンクやグランジの貴重盤を破格で見つけたこともあれば、持ち合わせがなくて、ずっと探していたレコードを知人に目の前で買われて悔しい思いをしたこともあった。あった。懐かしいなぁ。
 
その当時(まだインターネットが発達していない時代)、友人たちはまさに”せどり”をやっていた。
毎日のように中古レコード屋に行く彼らの頭の中には査定額のデータベースが構築されていた。
地方に行くときはレコードマップ片手に店をまわり、そのうちに米国へ買い付けに行くようになって、それが本業になった男もいた。
 
音楽が本当に大好きな男で、二束三文で仕入れたレコードに他人からみたら法外な価格をつけていた。
”このレコードには それぐらいの価値があるのだ”
そう力説していた。
 
なんだかんだいって、誰でも若干の手数料負担だけでモノを簡単に売買できる世の中になったはウェルカムだ。
 
まだまだ世の中こなれていないところがあるから、情報商材に騙されたり、スイッチの転売屋みたいなことはあるかもしれないけど、人間の知恵やテクノロジーでマシになっていくんだろう。
 
普通にに安く仕入れて高く効率良く儲けても良い、商品に好き勝手な値段をつけてもいい(実際売れるかわからないけど)。 
 
頑固でニンジャ的な生活力をもっていた、ちょっと奇妙な友人を思い出しながら、需給のことも考えずブログを書いた。
 
彼が元気で暮らしていることを心から祈る。どろん。
 
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

 

 

ビックカメラの抽選販売でやっと買えたニンテンドースイッチ

訳あってニンテンドースイッチを買うことになった。

が、3/3に発売後、あっという間に在庫がなくなり、通販サイトも小売店もずっと品薄状態。入荷しても、あっという間になくなる状況。
 
すっかりネット通販に慣れてしまっているので、今回もAmazonで買おうと思っていたが、定価32,378円(税込)がこんな感じだった。

f:id:hharpo:20170409163159p:plain

 
5,000円で売っている業者から一体どんな商品が届くのか、とても気になるところだが、いろいろ探し回ったり、店に足を運ぶ手間を考えるとポチっとしたくなるくらいの価格だろうか。
 
やっぱりいろいろとググった結果、今回はビックカメラのWEBサイトから店頭での抽選販売の情報が見つかったので、足を運んでみた。ちなみにヨドバシ、ノジマトイザらスなどの量販店のWEBサイトを見たが、パッとみたところ店頭の情報は無し。
 
9時から10時の間に店舗入り口で抽選券を配布するということだった。
9時過ぎに現地到着後、5・6人並んでいたが、そんなに待つ事もなく抽選券をゲット。

f:id:hharpo:20170409164434j:plain

 
抽選券は紙のリストバンドで、破けてしまったら無効になるものだった。
スタッフの方から当選の発表など抽選販売の流れが書いたチラシを渡され、丁寧に説明してもらった。
 
並んで物を買うなんて、記憶にほとんどないくらい久々なのだが、ビックカメラの店頭での抽選販売のオペーレーションは自分が思っていたよりも意外にこなれていて驚いた。
 
早めのランチの後、12時に1階入り口で当選発表。

f:id:hharpo:20170409165242j:plain

くじ運はあんまりないほうだが、今回はなんと当選!
ここで外れていたらビックカメラの通販サイトの抽選に応募するつもりだった(こちらは9時から終日受け付けているので)。
 
だいたい300人くらいが抽選に参加したと聞いたが、当選数は84名(内訳:ネオンブルーレッド56名、グレー28名)だった。
それは今日の有楽町店の入荷数ってことだけど、これって多いのかな、少ないのかな?
当選確率3割程度か。 
 
会計は4階のゲーム売り場。
そつなくスタッフが対応し、リストバンドが専用の器具でカットされ、ついにネオンブルー・ネオンレッドのスイッチをついにゲット。
 

f:id:hharpo:20170409165852j:plain

 
ビックカメラは本当にこなれていて、会計時に液晶の保護フィルムを目の前に3枚並べ勧めてきた(自分は買わなかった)。抜け目ない。
 
レジの前でゲームも売っているから、当然ゲーム機買った人の多くは、一緒にゲームも買っていくんだろうな(ここで自分は「ゼルダの伝説」を購入)。
 
今回の抽選販売のような業務は、人気商品発売のたびにやっているので、こなれているんだろう。
 
PlayStation VRのときも、抽選をやっていた模様。
 
小売店の規模によってできること、できないことはあるだろうけど、抽選販売の情報が見つかったのはビックカメラだけで、通販でしかほとんど物を買わない僕みたいな人間が足を運んだと思うと、ちょっと感心した。
 
本当、ちょっとしたことなんだけども。
 
ちなみに拙者はビックカメラのニンジャじゃないので、あしからず。

 

 

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 

 

再起動

ninja mindとは、あくまで自分なりのニンジャ的な考え方。

いろいろと気持ちをリセットして、あらたにblogを始めようと思う。