読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビックカメラの抽選販売でやっと買えたニンテンドースイッチ

訳あってニンテンドースイッチを買うことになった。

が、3/3に発売後、あっという間に在庫がなくなり、通販サイトも小売店もずっと品薄状態。入荷しても、あっという間になくなる状況。
 
すっかりネット通販に慣れてしまっているので、今回もAmazonで買おうと思っていたが、定価32,378円(税込)がこんな感じだった。

f:id:hharpo:20170409163159p:plain

 
5,000円で売っている業者から一体どんな商品が届くのか、とても気になるところだが、いろいろ探し回ったり、店に足を運ぶ手間を考えるとポチっとしたくなるくらいの価格だろうか。
 
やっぱりいろいろとググった結果、今回はビックカメラのWEBサイトから店頭での抽選販売の情報が見つかったので、足を運んでみた。ちなみにヨドバシ、ノジマトイザらスなどの量販店のWEBサイトを見たが、パッとみたところ店頭の情報は無し。
 
9時から10時の間に店舗入り口で抽選券を配布するということだった。
9時過ぎに現地到着後、5・6人並んでいたが、そんなに待つ事もなく抽選券をゲット。

f:id:hharpo:20170409164434j:plain

 
抽選券は紙のリストバンドで、破けてしまったら無効になるものだった。
スタッフの方から当選の発表など抽選販売の流れが書いたチラシを渡され、丁寧に説明してもらった。
 
並んで物を買うなんて、記憶にほとんどないくらい久々なのだが、ビックカメラの店頭での抽選販売のオペーレーションは自分が思っていたよりも意外にこなれていて驚いた。
 
早めのランチの後、12時に1階入り口で当選発表。

f:id:hharpo:20170409165242j:plain

くじ運はあんまりないほうだが、今回はなんと当選!
ここで外れていたらビックカメラの通販サイトの抽選に応募するつもりだった(こちらは9時から終日受け付けているので)。
 
だいたい300人くらいが抽選に参加したと聞いたが、当選数は84名(内訳:ネオンブルーレッド56名、グレー28名)だった。
それは今日の有楽町店の入荷数ってことだけど、これって多いのかな、少ないのかな?
当選確率3割程度か。 
 
会計は4階のゲーム売り場。
そつなくスタッフが対応し、リストバンドが専用の器具でカットされ、ついにネオンブルー・ネオンレッドのスイッチをついにゲット。
 

f:id:hharpo:20170409165852j:plain

 
ビックカメラは本当にこなれていて、会計時に液晶の保護フィルムを目の前に3枚並べ勧めてきた(自分は買わなかった)。抜け目ない。
 
レジの前でゲームも売っているから、当然ゲーム機買った人の多くは、一緒にゲームも買っていくんだろうな(ここで自分は「ゼルダの伝説」を購入)。
 
今回の抽選販売のような業務は、人気商品発売のたびにやっているので、こなれているんだろう。
 
PlayStation VRのときも、抽選をやっていた模様。
 
小売店の規模によってできること、できないことはあるだろうけど、抽選販売の情報が見つかったのはビックカメラだけで、通販でしかほとんど物を買わない僕みたいな人間が足を運んだと思うと、ちょっと感心した。
 
本当、ちょっとしたことなんだけども。
 
ちなみに拙者はビックカメラのニンジャじゃないので、あしからず。

 

 

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド