転売をめぐる戦いは続く。時代は変わる。

前回ニンテンドースイッチの転売のことなどをブログで書いた。
 
ニンテンドーswitchが5000円で売れられていたのはこういうことだったようだ。
 
 
出品者はamazonからの入金後にドロンし、いつまで経っても支払った側にニンテンドースイッチは届かない。
 
 
一方、コンサートチケット販売について米国のロックバンド”グレイトフルデッド”とそのファンのナイスだった関係にも触れたが、2015年の寂しい記事を見つけてしまった。
 
 
 
このニュースは当時読んでいたがすっかり忘れていた。
コンサートのチケットを10万ドルで売った・買った人、いるんだなぁ。
 
 
そんな中、転売屋撲滅にオリラジの中田氏がトライしている模様。
 
 
きちんと転売に関するわかりやすい分析・考察がされていた面白い記事だ。
さりげなく、自身のコンサートのPRをしているところもニクい。
 
もともと賢い人なのかもしれないが、ここ最近の彼の一発屋で終わらないための努力は素晴らしいと思う。
 
一発屋になることだって大変なのだけど、そこにあぐらをかかず、次々と新しい試みをぶつけてくる。かなりニンジャ的だ。
 
そうでなければ生き残れない。
 
お笑いは厳しい世界だけど、結局我々のどの世界も基本は同じだ。
 
 
世界は甘くなく時代は変わっていく。
 
昨日の技はもう通用しない。
 
また一から出直しだ。